お取り引きの方 ここからご利用ください。
ログイン
トップページ
  • ろうきんインターネットバンキング(団体向け)とは
  • サービス内容
  • サービス時間帯
  • 申込方法
  • セキュリティ
  • 推奨環境
  • Q&A
  • 利用規定
  • 体験版・ご利用マニュアル
  • お問合せ
  • 資料請求
  • 北陸労働金庫ホームページ
電子証明書
一覧に戻る

■ 電子証明書方式について

Q1.「電子証明書」とはなんですか?

「電子証明書」とは、「電子証明書方式」を契約している団体・企業のユーザ様が、本サービスを利用するためにパソコンにインストールする電子的な証明書です。
本サービスを利用するパソコンに電子証明書をインストールすることで、他のパソコンからの利用を禁止できます。

Q2.「電子証明書方式」と「ID・パスワード方式」の違いを教えてください。

「電子証明書方式」は、本サービスを利用するパソコンを≪電子証明書がインストールされているパソコン≫に限定するログイン方法です。ユーザは、「電子証明書」と「ログインパスワードの入力」で本サービスにログインします。
「ID・パスワード方式」は、本サービスを利用するパソコンを限定しないログイン方法です。ユーザは、「ログインIDとログインパスワードの入力」で本サービスにログインしますので、インターネット環境があれば、どのパソコンからでもログインできます。

Q3.「電子証明書方式」と「ID・パスワード方式」の両方を利用することはできますか?

「電子証明書方式」と「ID・パスワード方式」のどちらか一方しか利用できません。
※ 「ID・パスワード方式」から「電子証明書方式」に切り替えた場合は、「ID・パスワード方式」ではログインできなくなります。

Q4.「電子証明書方式」を利用したい。

書面手続きが必要になります。お取引店またはヘルプデスクまでお問合せください。

■ 電子証明書方式の利用について

Q5.「電子証明書方式」を利用できるOS・ブラウザを教えてください。

ご利用環境」をご参照ください。

Q6.「電子証明書」は、複数ユーザで共有できますか?

「電子証明書」は、ユーザ(ログインID)ごとにインストールする必要があります。
1枚の電子証明書を、複数ユーザで共有することはできません。

Q7.複数のユーザが、同じパソコンに電子証明書をインストールすることはできますか?

ユーザごとに電子証明書をインストールする必要はありますが、複数のユーザを同じパソコンに、電子証明書をインストールすることはできます。

■ 電子証明書の有効期限

Q8.「電子証明書」に有効期限はありますか?

「電子証明書」の有効期限は、電子証明書をインストールした日から1年後です。
有効期限の40日前に、本サービスの「電子メール」や「ログイン後画面」でご案内しますので、電子証明書を更新してください。

Q9.「電子証明書」の有効期限を確認したい。

以下の手順で電子証明書の有効期限を確認できます。

● Microsoft Edge・Google Chromeの場合

1. ログイン画面で「電子証明書方式のお客様」の「ログイン」ボタンをクリックします。
2. 電子証明書を選択し、「証明書情報」をクリックすると有効期限を確認できます。

● Internet Explorerの場合

1. Internet Explolrerのメニューバーの「ツール」-「インターネットオプション」を選択し、「コンテンツ」タブの「証明書」ボタンをクリックします。
2. 「個人」タブに一覧表示される証明書を選択して、「表示」ボタンをクリックすると有効期限を確認できます。

Q10.「電子証明書」の有効期限が切れてしまい、ログインできません。

以下の手順で、電子証明書を再インストールするとログインできるようになります。

● Microsoft Edge・Google Chromeの場合

1. ログイン画面で「電子証明書発行」ボタンをクリックします。
2. 「証明書発行アプリの起動」ボタンをクリックして、アプリを起動します。
3. アプリの画面案内に沿って電子証明書を再インストールします。(再インストールが完了したら、電子証明書を有効にするために、一度すべてのブラウザを閉じてください)

● Internet Explorerの場合

1. Internet Explolrerのメニューバーの「ツール」-「インターネットオプション」を選択し、「コンテンツ」タブの「証明書」ボタンをクリックします。
2. 「個人」タブに一覧表示される電子証明書から、有効期限が切れた本サービスの電子証明書を選択して「削除」ボタンをクリックします。
3. ログイン画面で「電子証明書発行」ボタンをクリックし、電子証明書を再インストールします。

■ その他

Q11.マスターユーザが、電子証明書を誤って削除したためログインできません。

書面手続きが必要になります。お取引店またはヘルプデスクまでお問合せください。

Q12.一般ユーザが、電子証明書を誤って削除したためログインできません。

マスターユーザに「電子証明書の失効」を依頼してください。
マスターユーザが「電子証明書の失効」をしてから、一般ユーザが電子証明書を再インストールすると、ログインできるようになります。

≪操作手順≫

1. マスターユーザが、本サービスの「ユーザ管理」メニューの「利用者管理≫電子証明書の失効」で、対象ユーザの電子証明書を失効します。
2. 一般ユーザが、本サービスのログイン画面の「電子証明書発行」ボタンから、電子証明書を再インストールします。

Q13.電子証明書方式で利用しているパソコンを変更したい。

マスターユーザが「電子証明書の失効」をしてから、新しいパソコンに電子証明書をインストールしてください。

≪操作手順≫

1. マスターユーザが、本サービスの「ユーザ管理」メニューの「利用者管理≫電子証明書の失効」で、対象ユーザの電子証明書を失効します。
2. 対象ユーザが、新しいパソコンで、本サービスのログイン画面の「電子証明書発行」ボタンから、電子証明書をインストールします。
電子証明書をインストールしたパソコンを譲渡、廃棄する場合は、不正利用を防ぐためにパソコンにインストールされている電子証明書を削除してください。